トラウマ。

ひそかに玄人受けしているらしいこのブログ、これからも建築への想いの丈をぶつけて参りますので
今後もご愛顧のほどを。


コイデです。


本日、某TV局の取材を受けました。


住宅 広告 メディア


↑ 皆さん手際良くセッテイングされておられました。


こういったTVや雑誌などのメディアへの露出は住宅会社側が「広告料」を支払うことが多いのですが、今回はアチラ側からのオファーということで費用は一切なし。


ただし、インタビューの内容は制作側が視聴者に伝えたい内容の意図があるようで。


住宅雑誌でよくある「OOの住宅」「OO工務店100選」なんてーのは、大概媒体の制作側が宣伝効果などを建築会社やハウスメーカーにアピールし、広告主を募るのが一般的です。


広告収入で成り立っていますので。


それはそれとして、よく目にする住宅会社側の “~に掲載されました。” という表現がどうも解せない。
“~に広告載せました。” が正しい表現ではないかと。


物事は正確に伝えなければ。


と、この手のメディアが苦手なワタクシは斜に見てマス。天邪鬼なんですかねぇ。



↑こんなモン向けられたら魂抜かれっちまう。などどは思っていません、さすがに。


実は以前、某局のワイドショーの取材で井口成人氏に取材を受けた時に、色々ワタクシが是非とも皆様に伝えたい、「住宅の性能」や「実際の住み心地」の重要性などを散々熱く語ったのですが、見事に編集され全く違うものになっていて、目が点になった覚えがあります。

なので、今回は抑え気味のコメントでした。


トラウマってやつです。


ま、多分番組的には求めるネタでなく、地味と判断された部分はカットされたのでしょう。
そこが重要なんですけどねぇ。

やっぱり、こちらから大金積まなきゃダメってことですかぃ。


で、今回はマニアックな話は封印しました。


あ~緊張した。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL