ファサードデザイン

朝から日中は現場、日没から夜中はプランと積算。


ボクラ今年も12月フルタイム。


師走が憎い、コイデです。


寝る前にドカ喰いで、朝がキモチ悪いので悩んでます、ハイ。

   ◆


コイデさんたちってシカクイ建物多くないですか?と Y様。


いえいえ。そうでもありませんよ。


最近続いたかもしれませんが。




↑ 先日お引渡ししたお住まい。ガルバリウムにウッドのアクセント。




↑ 現在建築中の現場。寄棟屋根のデザイン。
 軒が深いと夏冬しっかり日射しを調整できます。


明日からK邸のオープンハウスです。

どのようなファサードデザインかは、ご来場の上ご確認くださいね。

北側の道路に面したパブリックなゾーンと、南側の開けているプライベートなゾーンの表情を変えています。




↑ あまりに寒かったので明日のオープンハウスの準備中に室内と屋外の温度を測ってみました。


← 17:30位。トイレ21.0℃の時、外気温1.6℃。


ちょうどクライアント様もいらっしゃったのですが、引っ越すのが楽しみだとワクワクされていました。


暖かいんです。ホントに。


ある程度高気密高断熱にして床暖房をフロアー全面に入れるだとか、太陽光発電システム5.0kw設置して、5.0kwのエアコンで家中暖房するとか、そんな住宅が省エネルギー住宅になってしまう日本の住宅政策に疑問を感じつつ、僕らは地味に「心地よさ・快適さ」を追求しております。


足元から天井付近まで温度差がほとんど生じない住宅に、自然の肌触りを残した無垢の床板を組み合わせると“こんなにも快適か” と感じて頂けると思います。


もちろん床暖房なんていりません。


午前0時をまわり、ちょっと毒付いてみました。


スタディプランの具合はどうだい?妥協しないサイトー氏よ。
それでは。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL