常習でなく常用。

最近、朝の通勤時についつい高速道路を利用しがつぃです。


いけないとは解っているのですが道路が直線でとても楽なのです。
この衝動を体から抜くことは出来るのでしょうか?


更生できるか心配なコイデです。

このままではETC明細書がきたらワイフより任意同行の上、事情聴取です。


●遅ればせながら、先日の上棟現場K様邸です。


お昼でここまで組み上がります。


松丸太の梁。うっ、美しい・・・。

見えないところだからこそ、僕らが安心感を持てるくらいのモノを使い工事する。


手を抜かず、とかのレベルじゃ僕らが心配。


お施主様と僕らが安心で納得できる住まいづくりをしていきたい。
そう思います。


●先日お引き渡しさせて頂きましたT様の新居にスタッフと大工をお招きいただきました。






壁掛でセットしたこだわりのスピーカー、飲んでないときにもう一度音聞かせてください・・・。

お引越し後の忙しいタイミングでのお誘い、ありがとうございました。

ショウくんとココちゃん。2人にとって素晴らしい成長の舞台となりますように★


何事もなく、お引き渡しまで終わったという事でまずは乾杯。
いろいろと地元ネタで盛り上がりました。

建築の話もいろいろと交わしたと思いますが、酔いがまわってじつは途中からあまり記憶にあらず。


でもはっきりと覚えているのがT様から頂いた「このつながりは絶つつもりはありませんよ。」とのお言葉。


もとろんもちろん、僕らもそんな気さらさらございません。


というか、その一言に全員シビレました。


その一言の為に、日々頑張っているようなものです。

T様は「この中(メンバー)では嘘はないです。」とも。


T様、そうです、僕らもそれが家づくりの本質ではないかと。


そして、お施主様にそう感じて頂けたのは大変幸せなことだと思います。


お施主様の言葉に耳を傾け、プロとしてアドバイスしながら一緒に一つの目標に向かう。


そしてその中で、僕らもお施主様の熱意や意見から勉強させて頂くこともしばしばです。


お施主様が満足して、笑顔になって、その事実が僕らの財産になり今後の力となってゆく。


僕らの建築はいわゆるローコスト住宅と呼ばれる部類の範疇から外れていると思います。
ですが、お施主様から預かった大切な建築資金をそのご家族にとって最大限に活かした建築を提案したい。


そう思っています。


僕らのスタイルは、例えば沢山のハウスメーカーの中からより予算に合い、問題のない工法だという事で選択し建築するという事とは全く違ったものです。


万人向けでなく、効率的でないこともそのひとつかもしれません。


ですが、万人に受け・効率的で・スピードと利益重視の中では決して得ることのできないスタイルが存在するのはどの業界も同じでないかと。


それを理解して頂いて、僕らに大切な家づくりをお任せ頂いたからにはその想いと期待に応えたい。


建築というハード・モノの部分とサービスやメンタルといったソフト・コトの部分。


そのどちらでもお預かりしたお金の価値と期待を超える、満足を提供したい。
それが僕らの日々の願いであり目標です。


まだまだ若輩者ですので沢山の先輩に学び、色々と吸収せねばと思っています。
様々な価値観の時代だからこそ、時流に流されず、大切なモノを見失わないようしっかりとして。


ともあれ、深夜まで続きましたがまだまだ話が尽きない、ということでT様とまた次回やりましょう、との事でお開き。


今回は参加できなかった大工も一緒に。


これでまた “家づくり” という魔力の常習者です。

何かの施設?に入っても体から抜けませーン。
きっと。



地鎮祭でのT様ファミリー。このご家族の期待に応えねば、と思った日でした。



上棟式。



上棟式の餅まき。

70人以上!集まって大盛り上がりでした。


最後に、ギャラリーということで。


 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL