心構え。

本日、瀬戸内海西部で大きい地震がありましたね。


東日本大震災から3年、あの経験を活かさなければならないと。


いつ起こるかも知れない自然災害に対して、心の準備と物的備えも必要だと思いますし、私たち建築の実務者はさらなる安全を考えプランゾーニングや構造設計しなければならないと強く思います。


千葉 住宅 耐震

住宅 耐震 地震

住宅 耐震 地震

住宅 耐震 地震

東日本代震災の後には、地震の揺れによる損傷の診断や補修を多く行いました。

幸い構造にまで及ぶ損傷はありませんでしたが、相当な力が加わったことは容易に想像できました。


少し前の記事ですが。
千葉 住宅 耐震

千葉 住宅 耐震

脅すつもりはありませんが、知りえる情報は把握しとくべきです。

わたしも仕事柄か、どうしても気になってしまうところです。



住宅 耐震 地震
私たちも木造で大空間を必要とする場合は特に、しっかりとした構造計算と検討をしています。


備えあれば、です。



この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL