懐かしのコアラ。

ドゥターの手にする色鉛筆を見ると何やら見覚えが。



↑ 一応プリキュア塗ってる。らしい。



どこからひっぱり出したのか。


ワタクシが小2、3位の頃に夏休みのポスター書いてもらったモノじゃないですか。

NTTが日本電信電話公社時代の頃か、民営化される前くらい?


しかし、ダ〇ソーあたりで買った中国製の色鉛筆は芯がボキボキ折れるのでドゥターもプリプリ怒ってましたが、これはさすが日本製。

30年近く経っているのに素晴らしい書き味だ。


四半世紀以上前のものですら、現在のものと比べてもこうです。


日本のモノづくりの技術はまだまだ負けないっ! と思ったワケです。


これぞ日本品質。日本人の繊細さが生み出す技デス。
我々も繊細に、且つしっかりしたモノづくりにこだわりたいと。


で、短くなるから、オマエそんなにガリガリ削るなよぉ~。


プレミアものなんだから。


彼女には父のノスタルジーは伝わらないようで。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL