肴に。


非常にお恥ずかしい話なのですが、完璧の「ペキ」を「壁(カベ)」という字だと認識したまま、今まで生きてきました。


設計事務所 市原市


「玉」なんですね・・・。 完璧な、勘違いでした・・・。




デザイン住宅 千葉県

この日は I 邸で使用する床材が事務所へ搬入されました。


『アメリカンブラックウォルナット』 です。


少しでも安価で品質の良いものをと考えていますので、私たちの場合はいわゆる「カタログ商品」、大手建材メーカー系で用意している無垢フロアーではなく、輸入商社からの商材を探し出し良く使用します。


当初検討していたフロアー材が欠品中で、次回の船便での入荷予定が掴めませんでしたので、この床材も在庫状況が心配でしたが何とか確保できました。

事前に確認していましたが、実際に品質も非常に良く安心しました。


ちなみにこのアメリカンブラックウォルナット、今後価格が上昇するそうですので発注時期のタイミングも良く助かりました。



設計事務所 木更津市 床材を確認するクライアント様。

↑ 顔がニヤけてます。



「この床材を1,2枚持って帰って、ウォルナット材を肴に一杯やりたい。」



との事。


苦労して確保した甲斐がありました。



黒のオーダーキッチンに、ウォルナットのダイニングファニチャー。



そして照明は、エニグマ。

デザイン住宅 市原市


新居が完成したらもっと良い気分で飲めますよ、ええ。




この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL