苦労をすること。

先日、I 邸の地鎮祭が執り行われました。


千葉 デザイン住宅

偶然ぼくらの設計した住宅の現場前を車で通りがかり、宣伝や広告下手なコージーを探し出し、訪問しにくい事務所へご来所頂いた出会いでした。


そして頂いた「コージーデザインと出会えたことで素晴らしい家が建つと確信しています。」とのありがたいお言葉。


そう感じて頂いているのがとても嬉しい、と同時にプレッシャーです。良い意味で。


着工の段階で「不安いっぱい」なんてこと、この業界では良く耳にしますので。


「確信」なんて、とても光栄な事なんだと改めて感じます。


住居設計・工事、特に僕らのようにデザインを大切にしていると、場合によってはとてもスマートな仕事に見えると言われます。


が、現実はかなりアナログで泥臭い仕事だと思います。


丁寧に、手間と時間を惜しまず真摯に取り組むこと。


期待値を超え、施主様に 『感動』 してもらうには、頭と体を使い “苦労する” しかないと思っています。

泥臭く、地道に。


「近道はない。」


「簡単ではない。」


それがこの仕事なんだと感じています。


『お任せします。』 との言葉に込められた期待を超えるために。


一期一会。


出会いに感謝しつつ、全力で頑張ります。








この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL